• Home 目的別保険見直し

目的別保険見直し

保険の保障はどんなものにも保障されるわけではありません。一概には言えませんが、死亡保険で手術の時に、賄えるかと言われればそれは出来ません。保険には目的に合わせて様々な保険があるのです。保険と付くものはどのくらいの種類があるのでしょうか?死亡保険だけでも8種類あり、医療保険も2種類あります。大きく死亡保険を一種類と考えると全体で約8種類になります。他にも保障という観点から共済保険もありそれぞれに特徴があります。

ではその保険に入るのが一番適切なのでしょうか?それはどの保障に重点を置くかになります。独身の場合や結婚した場合、子供が出来た場合などそれぞれの生活によってどの保険が適切か違ってきます。働いている場合仕事のリスクや通勤の移動手段、子供の場合は通学の移動時や学校内、遊んでいる時などそれぞれに保障がほしい場面があります。自分自身の保障の為の他にも子供の場合は他人に迷惑をかけた場合、万が一けがをさせてしまった場合や物を壊した場合などの不安もあります。車などの高価なものを傷つけて弁償する場合、急な出費で大変なことになるより保険に入っていれば賄えます。最近では自転車保険というものが出来て時代の流れにより新しい保険も生まれてきています。

生活する中で安心材料として保険はとても大切な物です。生まれた時から保険に入ることが出来とても安心できます。ではどんな時に使える保険に入るべきなのか、保険見直しすべきなのかを調べてみました。