目的を決める

基本的な保険は医療保険、死亡保険、傷害保険になります。保険払い込み期間や保障期間など様々な観点から保険を選択していきます。では保険を選んで入りましょうと簡単には出来ません。保険料には年齢によって金額が違ってきます。もちろん年齢が若い時には金額が少なく、年を追うごとに金額が上がっていき保障も変わってくるのです。

そこで目的を設定して保険を選んでいく事が重要になります、例えば別に通勤通学のない専業主婦が通勤時の保障は必要ありません。専業主婦に必要な主な保証は入院や通院、万が一の死亡保険などです。そうすると特約を付けるとすれば女性特有の保障やガンなどになります。同じように子供の場合も一つ一つ保障を上げていくと必要な保険の形が見えてきます。

大黒柱の夫の場合は通勤はもちろん入院にした場合、給料が入ってこなくなるので入院費プラス当面の生活費も必要になってきます。先進医療を受けたい場合保険にその特約が付いていなければ金額が高すぎて受ける事が出来ないかもしれません。子供の場合はガン特約を付けなくてもリスクの高い大人の場合はつけておくと安心です。子供の場合は傷害保険に入っておくなど生活パターンによっても保険が異なってきます。